クロロフィル 食品

9種類の野菜の栄養素やクロロフィルもたっぷり「青汁一番生搾り」

9種類の野菜の栄養素やクロロフィルもたっぷり「青汁一番生搾り」9種類の野菜の栄養素やクロロフィルもたっぷり「青汁一番生搾り」
「生搾り」に徹底的にこだわった独自の非加熱加工だから野菜の成分が生きています。100グラム中の総クロロフィル250mg。SOD活性180,000〜300,000unit。クロロフィルの他に、100グラム中の栄養成分としてカルシウム587mg、リン322mg、鉄15mg、カリウム4000mg、マグネシウム162mg、ビタミンE 3.6mg、ビタミンB1 0.43mg、ビタミンB2 1.02mg、ナイアシン4.73mg、ビタミンC 136mg、 含有。

生野菜をそのまま食べるよりも、より多くの野菜の栄養素を手軽にしっかりと摂取することができます。 栄養のバランスを考えて原料に使われている野菜の種類は9種類。ケール、オオムギ、キャベツ、セロリ、ほうれん草、ブロッコリー、シソ、パセリ、ヨモギの9種類。野菜の栄養素は野菜の細胞膜の中にあり、その細胞膜は食物繊維(セルロース)でできているため、人間の胃腸では消化できません。

そこで、スクリュー圧搾法により細胞膜をやぶり細胞内の栄養をくまなく搾り取った青汁を生のまま濃縮、さらに貴重な栄養を損なわないように36℃〜37℃に保ちながらスプレードライ乾燥させたものです。本品を水とシェイクした時に、クリーミーな泡ができるのは、高熱を加えてない生搾りの証拠です。このため、野菜の大切な栄養素が損なわれていません。
クロロフィル

posted by クロロフィル好き | Comment(0) | TrackBack(0) | クロロフィル 食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。